デート商法に注意しましょう

注意

出会い系サイトではトラブルもあるのですが、その中でも注意したいのが「デート商法」です。
出会い系サイトにエントリーして気に入った女性としたしくなるとメールのやり取りがあります。
意気投合すればデートすることになります。

このときにデート商法の女の子はとても美人だとか可愛い女性がきます。
大部分の男性は「ラッキー!」と浮き足だってしまいます。
これがデート商法の罠なのです。

女性は何と言うでしょうか?
典型的なパターンは、「私は行きたいお店があるから付き合ってくれるかな?」です。
男性はよろこんでショッピングのお供をします。
行き先は高級ブランドショップですね。
そして、「これを買って欲しいな」なんておねだりします。

その店舗のスタッフもぐるになっています。
「こんな美人な彼女さんならば彼氏さんも買ってあげなきゃねぇ」なんて話をあわせて購入をプッシュしてきます。
最近ならばクレジットカードでも高額の商品も買えるので「お金の持ち合わせがない」なんて言えません。
ローンという方法もありますしね。

そこで「買えないよ」と返事したら、そのままさようならになります。
要するにお買いものをしてくれない男性には興味がないわけです。

出会い系サイトの場合は、こういったデート商法がとっても多いです。
それは持てない君がたくさん出会い系サイトに登録しているからです。
そこそこ持てる男性や女性経験が豊富ならば、手っ取り早くナンパしちゃいます。

出会い系サイトにはデートが決まっても、こういった罠が待っているかもしれません。
メールのやり取りをして、盛り上がってきても決して油断をしないことです。

Copyright(c) 2010 最高の出会いが見つかる出会いサイト案内 All Rights Reserved.